支援のアイディア

下記の項目をクリックして頂けますと、各項目の説明を見ることができます。

プリントと宿題の管理

 

中学生になるとたくさんの教科プリントが配られるようになります。

効率よく確実に教科プリントが保管できることは中学生の大切な生活技術となります。

 

宿題や明日の持ち物も、小学校のように帰りの会でまとめて確認してはもらえませんから、自分で覚えて帰る工夫が必要です。

講演スライドを参考に、 子どもたちの練習をサポートしてください。

2006年から子どもたちに提供してきたペック宿題帳を無料でダウンロード できるようにしました。

お子さんに合わせて改変して活用してください。

 

宿題帳や講演内容の知的所有権はペック研究所吉田友子に帰属しますが、わが子や担当生徒のための利用は自由です。

学年全体としての活用も自由です。ご活用後にご意見・ご感想をお寄せいただければ幸いです。

 

ダウンロード
プリントと宿題の管理).pdf
PDFファイル 3.3 MB
ダウンロード
ペック宿題帳日々版.pdf
PDFファイル 40.2 KB
ダウンロード
ペック宿題帳都度版.pdf
PDFファイル 41.1 KB


スケジュールの管理-1

自閉症スペクトラムの子どもたちは、好きなことはトコトンやり抜く長所をもつ反面、途中でやめられずに困ることがよくあります。

また自分の実力把握(自己理解)やプランニングの不得手から、実行可能な予定を立てることに著しい不得手がみられることもあります。

 

与えられた課題を期限内に完了し、なおかつ健康的な生活リズムを維持することは、成人期の安定した社会参加のうえで重要な技術です。

定期試験のある中学生になるとスケジュール管理の練習が必要になります。でも、その内容はまだごく限られたもので、塾や予備校という枠組みもプランニングの苦手を補ってくれます。

 

スケジュールの自己管理の練習の必要性が増し、練習もしやすいのは大学生です。学校や学部によっては流れに身を任せていても進級・卒業ができてしまいますが、学生相談室等での定期相談を自己支援技術の練習の場としても活用できれば、技術の向上とともに自分の生活は自分で管理できるという感覚を育むことができます。

 

まずは「ペック生活記録と計画」の記入表を活用して自分の毎日の生活を観察してみることから始めましょう。個々人に合わせて記入表を改変し有効活用して頂くためにWord版も無料公開しました。学生相談室や診察室でのカウンセリングにもご活用ください。講義スライドもご参照ください。

 

記入表や講義内容の知的所有権はペック研究所吉田友子に帰属しますが、わが子や担当生徒・担当学生のための利用は自由です。

定期試験1週間前に生徒全員に配布するなど、学校全体としての活用も自由です。活用後にご意見・ご感想をお寄せ頂ければ幸いです。

 

ダウンロード
スケジュール管理の技術をみがこう!.pdf
PDFファイル 100.7 KB

ダウンロード
ペック生活記録と計画(PDF版).pdf
PDFファイル 69.5 KB
ダウンロード
ペック生活記録と計画(Word版).doc
Microsoft Word 45.5 KB


スケジュールの管理-2

進学・進級は、予定を管理する練習を始めるのに適した時期です。スケジュール管理のアイデア第2弾は市販品を使った練習の勧めです。

私たちがこうした支援で期待するのは、提出忘れやダブルブッキングがなくなること自体の効果だけではありません。

 

大人との相談で提出忘れやダブルブッキングが減らせた体験は、「相談するといいことがある」「工夫で困難は減らせる」という実感につながります。

つまり、こうした具体的支援の積み重ねは心理学的医学教育(告知)の基盤をなすものなのです。

毎日の生活の中から彼らの相談技術の向上と自己理解の支援のための題材を探していきましょう。

 

講義内容の知的所有権はペック研究所吉田友子に帰属しますが、わが子や担当生徒・担当学生のための利用は自由です。

活用後にご意見・ご感想をお寄せ頂ければ幸いです。

 

ダウンロード
スケジュールの管理-2 市販品を上手に使おう!.pdf
PDFファイル 760.1 KB